朝飯前

白い薄衣をまとった柿の実は
すっかり葉を落とした木の枝で
小鳥が来るのを待っている
いつもなら
大騒ぎの朝の筈が
今朝は一羽の訪れもない

昨夜からのこの風に
朝飯は抜くことに決めたのだろう
時折ごうごうと唸る風は
旨そうな柿の実がなる枝を
右へ左へ大きく揺すり
とても止まってはいられまい

昼過ぎて風がぱたりと止んだなら
どこからともなく現れる
小鳥の群れで賑わうだろう
朝飯抜きの小鳥たちで
さぞかし賑わうことだろう




風の音

風が出てきた

通り過ぎる車も稀になった夜更けに

パタパタとコンビニの軒下の幕が鳴る

冷え込んできた闇のなかを

低く唸りながら風が吹き抜けてゆく

ここにも雪を連れてくるのだろうか



小さな旅

小さな木の葉たちが
カラカラと音を立てて踊り始める

小さな円を描きながら
段々に空中に浮かび上がる

クルクルと回転しながら
木の葉たちはどんどん移動する

それはまるで
いつまでもどこまでも留まるところを知らぬ
アンデルセンの『赤い靴』のようだ

やがて
お寺の納屋の白壁に突き当たると
木の葉たちはパタパタと地面に落ちた

小さな木の葉たちの小さな旅は
あっけなく終わりを告げた





晩秋

桜並木の紅い葉はすっかり散れて

イチョウ落ち葉の黄色のなかに

一枚二枚と紛れていたりする

大きなヒマラヤ杉も金茶に染まり

傍らの柳の古木たちの

まだ新しい切り株の上に

そっと枝を落としてみたりする

荒天を控えて小鳥たちが賑やかに飛び交う

雨が過ぎればまた一歩

冬の寒さが寄せてくるのだろう



待ち時間

今日も橋の上に立つ
すっかりの冬支度をして
貨物列車が来るのを待っている

川縁の崖の上から
ケヤキの大木の葉が
はらりはらりと落ちては
橙色の舟となり
ゆらゆらと川面を流れてゆく

列車が通過してしまうと
すっかり空っぽになってしまうのに
きっとまた明日も橋の上に立つのだ

あともう少しでやって来る
警笛鳴らしてやって来る



「金太郎」走る

雨になった
用意の傘を広げる

橋のなかほどで
「来た」と思った

雨に濡れた冷たいレールの上を
疾走する貨物列車の音が近づいてくる

いま渡っている橋と平行に架かるもう一本の橋
そのまた向こうに線路が走っている

鋭い警笛とともに「金太郎」が姿を現す
長い、長い、長い
わくわくしながら貨車を数える

独特の走行音と
再び鳴らす警笛をなびかせて

嗚呼、ああ、行ってしまった



魂鎮め

火祭りの日は
朝から時雨れていた

日が沈み
いよいよ松明に火が入ると
オレンジ色の炎と白い煙が
闇のなかに浮かび上がった

鎮魂の炎が燃え上がる
大小数多の松明は
次々に燃え尽きて
清められた魂たちは
和太鼓の音とともに
次々と天に昇ってゆく

ちろちろと残り火が囁く頃
俄かに風が吹き出して
まだ枝に残る紅葉や
落ち葉をも巻き上げて
今昔の魂たちの介添えと為すか

風はやがて大風となり
一晩中吹き荒れた

鎮まらぬ魂

思えばここにもひとつ残っている





みて…

イチョウの落ち葉は黄色い絨毯
ひとひと歩いて池に出る
真っ赤なもみぢは枝を伸ばし
姿見代わりの水鏡

「みて」

八重桜の葉は既にない

「みて」

足元から聞こえてくる

「ここ」

振り返った足元で
紅く染まった紫陽花の葉が微笑む

「やぁ、きれいに染まったね」

紫陽花の葉は冬の陽を浴びながら
恥ずかしそうにふるると揺れる






賑やかな風

思わず顔を背けた北風に

プラタナスの落ち葉は

カラカラと音を立てて転がってゆく

祭りを知らせる幟旗も

一斉にバタバタと音高くはためく

ランドセルの子どもたちが

きゃあきゃあ言いながら駆けてゆく

空をゆくたくさんの鳥たちは雁だろうか

祭りの太鼓の音が聞こえてくる

今年は雪が降らなきゃいいが




七五三詣り

大安吉日
又三郎が駆け抜けた参道は
落ち葉掃きが間に合わず
イチョウの黄色がまぶしく光る

両親に手を取られた幼子は
紅い着物でよちよち歩く

「おめでとうございます」
「まぁ、ありがとうございます」

当人だけが不思議そうな顔をして振り返る



より以前の記事一覧

Moonlight

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

素敵なブロガーさん♪

無料ブログはココログ