盆の踊り

雨は止みはしないが

合図の花火が鳴った

太鼓と笛の音がかすかに聞こえてくる

どんなメロディかまでは分からない

ゆっくりとしたリズムの静かな踊りなのか

テンポの速いリズムで賑やかに踊っているのか

雨は笠を濡らし 髪を濡らし 浴衣を濡らすが

踊りの輪は崩れることもないのだろう



打ち上げ花火

今年もまた

ベランダの手すりにもたれて

遠い花火をみている

次々と咲く打ち上げ花火は

たとえ尺玉といえども

こうも離れていれば

僕の手のひらの上に載る大きさ

遅れて聞こえてくる破裂音も

隣家の庭で鳴く秋虫の

りりりの声に掻き消される

この距離なら

この距離なら 傷つくこともなかったのにな





終演

休むことなく奏でられるピアノの音色は


聴く者の心を温めて


丸く平らかにしてゆくのだけれど


「またね」と幕が引かれたそのときから


再び心はささくれ出す




境界線

きみは

静か過ぎるこの夜に


かえって


胸が騒いだりはしないのか



新月

新月の晩

風は止んだが

開け放した窓から

ひんやりとした空気が忍び込んで

風呂上りのからだを冷やしてゆく

聞こえてくるのは蝉ではなく

こおろぎの声

脈打つ頭痛はいつ鎮まるのか




お師匠さまへ

濡れた雨傘開いて干して


明日はまたぞろ日傘の出番


一度涼しさ味わった


からだが悲鳴をあげぬよう


どうかご自愛下さいまし




あと少し

嵐の予兆か風が吹く

古木大木(こぼくたいぼく)の枝揺らし

ゆさりゆさりと枝揺らし

霧雨をも巻き込みながら風が吹く

幹に取り付く蝉たちの 残り少ないいのちの声は

風音(かざおと)にも怯まずに

あと少し あと少し と 続いてゆくよ





雨が来た

やっとのやっとに降り出した雨に

木の葉さざめき 花々笑う

次第に強まる雨脚に

自転車の少年たちはコンビニに雨宿り

乾ききった地面が

激しい雨をゴクゴクと飲み干してゆく

熱帯夜の街並みはどんどん冷やされて

酷暑に疲れたからだは戸惑いながら 暮れてゆく




オニヤンマの水

流れ落ちる湧水は

ざぁざぁと勢いよく

すくう両手を冷たく濡らし

飛沫は汗を弾き飛ばす

コクコク と喉を通せば

その冷たさと柔らかさにからだは目覚める

どこからか現れたオニヤンマが

目の前を何度も行き来する

湧水の番人は 誇らしげに空(くう)を切る





少(すこぅ)しずつ

激し過ぎる蝉時雨の朝に

残り少ない命を思う

日中は相変わらず暑くなり

水位の下がった池の端で

アオサギが一羽うなだれてみえる

それでもね

少(すこぅ)し呼吸が楽になり始めた夜

確かに聞いたよ 秋虫の声




より以前の記事一覧

Moonlight

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

twitter