« お師匠さまへ | トップページ | 新月 »

「小指の爪を伸ばしているのはね


おはじきとおはじきの間の

狭い隙間を通すためよ」

白くて細くて長い指の先で

コツンと弾くガラスのおはじき

あたしもあんなふうになりたいと

毎度うっとり眺めていました

けれどもいつしか

他の指の爪も伸ばしたああちゃんは

どこかへ行ってしまったのでした




« お師匠さまへ | トップページ | 新月 »

お話・伝説・物語」カテゴリの記事

コメント

いろいろな情景が思われました。
アトリエにも
まず 少しずつ シャンプーしてないような匂い。。。
そして いつも ジャージで来るようになり
それでも 必死で送って来るパパ
やがて 彼女は居なくなりました。

爪でも わかります。

その子の住む世界が 平和かどうか。。。

clubアトリエトトロさん、ありがとうございますheart01
お返事遅くなりました。

言葉はなくとも
ほんのちょっとした変化が
その子の住む世界を映し出しているものなのですね。。

「小指の爪を伸ばしているのはね
○○く○、ほじくるためよ」

clubきろきろ。さん、ありがとうheart01
それで時々鼻血出してるのかぁ・・って
コラッ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591871/67042804

この記事へのトラックバック一覧です: :

« お師匠さまへ | トップページ | 新月 »

Moonlight

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

twitter